ファミスタ攻略ブログ

ファミスタエボリューション・ファミスタマスターオーナーズ・ファミスタクライマックスの攻略・パスワード・選手能力データ・最新情報・評価を公開しています。

【ファミスタエボリューション 】石井琢朗 選手データ 最終能力 金カード 虹カード 東京ヤクルトスワローズ コーチ 遊撃手

金カード 石井琢朗 初期能力

 

f:id:shilling635:20181011153354j:plain

 

 ミート :(66)

 パワー :(36)

 バント :(65)

 走力  :(68)

 肩   :(57)

 遊撃守備:A+(70)

 三塁守備: (68)

 

虹カード 石井琢朗 最終能力

 

f:id:shilling635:20181011153516j:plain

 

 ミート : (81)

 パワー : (51)

 バント : (80)

 走力  : (83)

 肩   :A+(75)

 遊撃守備:S+(93)

 三塁守備:S+(91)

 


最終能力ステータス総合値

 553ポイント

 総合評価 

 

カードブースト

 2枚目:経験値アップ

 3枚目:守備力+5

 

習得スキル

①内野安打 Lv.2

 ヒッティング時に発動

 走力 ↑中

②バント Lv.2

 バント時に発動

 バント・走力 ↑中

③盗塁 Lv.3

 盗塁時に発動

 走力 ↑大

④固め打ち Lv.3

 一つ前の打席でヒットを打っている場合に発動

 ミート・パワー ↑大

⑤リードオフマン

 イニングの先頭打者の場合に発動

 ミート・走力 ↑特大

⑥守備の極意

 常時「守備力+15」の効果

 

ファミスタファンタジー・スキル

 2ターンの間、打球の有効秒数が3秒増加

 


選手説明

 打撃の再生を任された打撃コーチ。

 広島では打撃コーチなどを務め、チームのリーグ連覇に貢献した実績を持つ。

 現役時代には名遊撃手として活躍し、最多安打を2回、盗塁王を4回獲得。

 文責:バンダイナムコエンターテインメント

 

まとめ

 1998年、マシンガン打線の1番打者として、横浜ベイスターズ優勝に貢献した名遊撃手。

 三塁手として3度、遊撃手として1度のゴールデングラブ賞を受賞しており、鉄壁の守備力を誇った。

 シュアなバッティングと盗塁技術も魅力で、走攻守においてチームの中心選手だった。

 広島、ヤクルトの打撃コーチとしても活躍し、選手の指導力にも定評がある。

 

 前作「ファミスタクライマックス」では広島のコーチカードとして登場し、遊撃手として圧倒的な強さを誇っていた。

 

 

 2018年度からヤクルトのコーチに就任したため、「ファミスタエボリューション」ではヤクルト所属の選手に変わっている。

 さすがに能力はおさえられたものの、石井琢朗選手の高ステータスは本作でも健在だ。

 

 パワーが目立つほどに低いが、その他の能力はほぼ「S」クラスとかなり高い。

 打球特性に目立ったところがなく、打撃が苦手な印象を受けるが、ミートが「S」と高いので、極端な弱点ということもない。

 長打はなくとも、単打で確実に塁に出ていくタイプの打者だろう。

 

 得意の守備はカードブーストの恩恵を受ければ、遊撃手、三塁手ともに「S+」と鉄壁になる。

 この数値は全遊撃手、全三塁手中最高クラスのもので、おそらく1・2を争うほどのもの。

 さらに「守備の極意」まで習得するので、三遊間の守備力は敵なしだろう。

 

 さらに、バント・走力も「S」と高いので、やや心配な打撃を小技で補うことができる。

 初期値はパワー「D」とかなり頼りなく、ボールが全く飛ばず苦戦するが、レベル1から習得しているスキル「内野安打」と「バント」のおかげで、セーフティバント戦法が役立つ。

 

 スキルのバランスも良く、1番打者として使えば「リードオフマン」初回は必ず発動し、さらに「バント」「内野安打」などでセーフティバントを決め、次の打席からは「固め打ち」で足りないパワーを補えるというスキルのコンボが強力。

 

「盗塁」を装備すれば、盗塁時の実質走力は「S+」レベルにも上がり、「守備の極意」を装備させれば守備力は「S+(99)」を超える。

 

 打球は上がらないタイプなので、やはり1番打者として塁に出る仕事をしてもらいつつ、守備では大事なショートストッパーとして活躍してもらおう。

 

 入手方法は、サバイバルロード「NORMAL」以上クリア、あるいはドリームペナントのデッキランク「レジェンド」でのスカウトイベント、キャンプマスのチャレンジなど。

 

 総合ポイント「553」、総合評価「S」とかなり優秀で貴重な遊撃手なので、育成して損することはないはずだ。