ファミスタ攻略ブログ

ファミスタエボリューション・ファミスタマスターオーナーズ・ファミスタクライマックスの攻略・パスワード・選手能力データ・最新情報・評価を公開しています。

【ファミスタエボリューション】スキルの小・中・大・特大って上昇値はどれくらいなの?

f:id:shilling635:20181008125835j:plain

 

 個人的に疑問には思ってはいたものの、

「まぁ、上がってるからいいか」

 くらいのイメージしかなかったスキル上昇値。

 

 しかしここにきて、皆様からこのスキル上昇値に関する質問が多数寄せられたため、検証してみることにしました。

 

 結論からいえば、そんなに気にする必要はないと思います(笑)

 

 それでも気になる方は、読んでやってください。

 

 それでは…。

 

 

 

スキルでの能力アップ 表記の種類

 スキル装備画面を見てもらうとわかりますが、それぞれのスキルに「ミート ↑小」とか「パワー ↑特大」などと書かれています。

 

 この「小」や「特大」って一体数字でどのくらい上がっているかを今回検証します。

 

 スキルでの能力アップ 表記の種類としては…

 

「小」「中」「大」「特大」

 

 の四種類が存在します。

 もちろん、大きければ大きいほど上昇する数値が高いです。

 

スキルによって上昇幅が違う

 まず断っておきたいのが、スキルの上昇値は「小」なら「3」、「中」なら「5」などと固定されていません。

 スキルによってまちまちですが、「小」なら「小の最低値・最高値」があり、「特大」なら「特大の最低値・最高値」があります。

 それぞれに上昇幅が決まっているようです。

 はっきりとしたことは言えませんが、複数のステータスを上げるスキルは上昇値が低く、単数のステータスを上げるスキルは上昇値が高いと思われます。

 よくわからないと思いますが、詳しいことは後述していきますので、なんとなく知っておいてください。

 

スキルによっては、各ステータス上昇値に違いがある

 例えば糸井嘉男選手の「リードオフマン」を使って検証したときのこと。

 このスキルは、ミートと走力を特大アップさせます。

 糸井選手のミートはS(87)「リードオフマン」発動でS+(99)で「12」アップします。(カンストで数値はわかりませんが、おそらく15アップと考えてよさそうです)

 しかし、走力はA+(70)に「リードオフマン発動でS(80)と「10」しかアップしていません。

 ミートは「12」、走力は「10」アップするという結果になりました。

 このように、スキルによっては、各ステータス上昇値が異なる数値になるものもありました。

 

 

 

スキルでのステータス上昇値「↑大」の場合

 よくわからないことをつらつらと書きましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 おつかれさまでした。

 それではここからはわかりやすく、画像を使って説明しますね。

 

f:id:shilling635:20181008132402j:plain

 

 はい、ここに山田哲人選手がいます。

 スキルは「好球必打」を装備してあります。

 このスキルの効果は、

「ミート・パワー・バント・走力 ↑大」になります。

 強いですよね。

 

 では、この「↑大」っていくら上がるの?

 って話です。

 

 では、発動時。

 

f:id:shilling635:20181008132652j:plain

f:id:shilling635:20181008132402j:plain

 

 比較して見てもらいましょう。

 パワーはカンストしちゃってよくわかりませんが、各能力が「7」ずつ上がっているのがわかりますでしょうか?

 スキル「好球必打」は各能力が「7」アップするスキルのようです。

 

f:id:shilling635:20181008132910j:plain

 

 さて、頭をリセットしてもらって、ここに平田良介選手がいます。

「にらみ Lv.3」を装備しています、こわいですね。

 このスキルの効果は「パワー ↑大」になります。

 先ほどの山田哲人選手のスキル「好球必打」と同じく、「↑大」のスキルになります。

 それでは、スキルを発動させてみましょう。

 

f:id:shilling635:20181008133200j:plain

f:id:shilling635:20181008132910j:plain

 

 おわかりいただけましたでしょうか?

 こちらは計算が簡単ですね。

 パワーA(66)→パワーA+(76)

 よって、「にらみLv.3 」によってパワーは「10」アップしていることになります。

 

 おかしいですね。

「好球必打」は「7」アップ

「にらみ Lv.3」は「10」アップと差があります。

 

 これが「スキルによって上昇幅が違う」という意味です。

 

 また、「好球必打」は「ミート・パワー・バント・走力」と複数の能力をアップさせるスキルであることに対し、「にらみ」の場合「パワー」のみと単数の能力しかアップさせることができません。

 

 このように、複数のステータスを上げられるスキルは上昇幅が低く、単一の能力のみを上げることのできるスキルは上昇値が高い印象を受けます。

 

 様々なスキルを検証した結果、「↑大」の場合、「7〜10」アップするという認識でよさそうです。

 

 

スキル上昇値早見表

 だらだら書きましたが、この表を目安にスキルを考えてみてください。

 

 

上昇値

特大

10〜15

7〜10

5〜7

3〜4

 

 ただし、前述した糸井嘉男選手の「リードオフマン」のように、例外もありますので、目安としてみてくださいね。

 

まとめ

 実際のところは、そんなに詳しく見なくても良いと思います。

 スキルは重ねがけされますし、カンストすれば「99」以上はわかりません。

 さらに本作では、ステータス見にくいですしね(笑)

 

「隠したいのか?」

 

 っていうくらい小さい字で書いてありますので、あんまり気にしてほしくないのかもしれませんね(笑)

 

 それでも、調べてわかったことは、

「中アップでもカードブースト3枚目分くらいは上がる」

 ということ。

 

 なんだ、やっぱりスキル強い…。

 

 参考になれば幸いです。