ファミスタ攻略ブログ

ファミスタエボリューション・ファミスタクライマックスの攻略・パスワード・選手能力データ・評価を公開していきます。

【ファミスタエボリューション 】浅村栄斗 選手データ 最終能力 金カード 虹カード 埼玉西武ライオンズ 二塁手 一塁手

金カード 浅村栄斗 初期能力

 

f:id:shilling635:20180914091532j:plain

 

 ミート :(58)

 パワー :(54)

 バント :(45)

 走力  :(45)

 肩   :(56)

 二塁守備:(50)

 一塁守備:(56)

 

虹カード 浅村栄斗 最終能力

 

f:id:shilling635:20180914091543j:plain

 

 ミート :A+(79)

 パワー :A+(70)

 バント :A (61)

 走力  : (61)

 肩   :A+(72)

 二塁守備: (66)

 一塁守備:A+(72) 

 

カードブースト

 2枚目:経験アップ

 3枚目:ミート+5

 

習得スキル

①内野コンボ Lv.2

 このスキルを持つ選手が2人以上内野守備についている場合に発動

 守備力・肩 ↑中

②長打狙い Lv.2

 カウントが2ストライクとなった場合にパワースイングを使用すると発動

 パワースイング威力 ↑中

③強振 Lv.3

 前の打席で三振している場合に発動

 パワー ↑大 打球の角度↑

④固め打ち Lv.3

 一つ前の打席でヒットを打っている場合に発動

 ミート・パワー ↑大

⑤攻撃リズム

 直前の打者が送りバントに成功した場合に発動

 ミート・パワー ↑中

⑥好球必打

 打席ごとに高確率で発動

 ミート・パワー・バント・走力 ↑大

 

ファミスタファンタジー・スキル

  2ターンの間、打球の有効秒数が3秒増加

 

選手説明

 積極的なスイングが魅力の中心選手。

 2017年に、平成生まれの選手で初の1000本安打を達成した。

 小さい頃から西武ファンで、憧れの打者は17年オフに古巣復帰した松井稼頭央。

 文責:バンダイナムコエンターテインメント

 

まとめ

 西武ライオンズ伝統の背番号「3」を継承した、背中で語るキャプテン。

 その勝負強い打撃と、華麗な守備でファンからの人気も高い。

 フルスイングが持ち味で、チャンスに強く、2018年、2度目の「打点王」も視野に入ってきた。

 10年ぶりの優勝に向けて、最後までこの男こが静かにチームを引っ張る。

 前作比較してみると、上がった能力もあれば下がった能力もあり、なかなか面白い。

 前作「ファミスタクライマックス」ではミート「S+」と圧倒的なミート型選手だったが、本作ではそのミートも控えめ「A+」。

 しかし、全体的な能力は上がっているようにも見え、特に「バント」や「走力」のアップは著しい。

 不動の3番バッター浅村栄斗選手が「バントがうまい」というイメージはまるでないが、本作では送りバントなどの小技もできそうだ。

 初期値は「B」が多く、いたって「普通」の印象だが、やや走力が低く走れないので、圧倒的に「使いやすい」とは言えない。

 引っ張り打ちがやや得意で、打球角度は5段階中の4と、こちらもやはりあまりパッとしない。

 ただし、「ファミスタエボリューション」でのスキル「強振」は打球の角度もアップするので、「強振」が発動すれば、打球角度はMAXまで上がり、長打の確率は飛躍的にアップする。(前打席で三振する必要があるが…)

 最終的にはオールA以上とかなり見栄えは良いが、何か大きな個性があるわけでもない。

 育成途中では少し使いづらさすら感じたが、レベル15で最強打撃スキル「好球必打」を習得するので、浅村栄斗選手はレベルMAXになってからが本調子という印象。

「好球必打」が発動すればミート・パワーともにSまでアップするので、バランスの取れた能力と合間って、使いやすい選手に化けるはず。

 守備の査定はおもしろく、珍しいタイプで、メイン守備の二塁手より、サブ守備の一塁手の方が上手い。

 前作ではそんなことはなかったが、単純に一塁守備機会が増えたからなのか、一塁手でゴールデングラブを取ったことを思い出されたのかわからないが、一塁手としての方が優秀。

 純正オーダーで組むなら、二塁手の名手「辻発彦」監督がいるので、素直に一塁手に回してしまう方が良さそう。

 スキルも特にライオンズの遊撃手である「源田壮亮」選手と相性が良く、「内野コンボ」「攻撃リズム」など、仲間がいてこそのスキルが光るようになった。

「好球必打」は必須、時点で「固め打ち」あたり、その他は個人のチーム事情にあわせたスキルの選択ができるので、さまざまなバリエーションが楽しめる。

 全体的な能力は上がったものの、飛び抜けなものがなくなってしまった印象の本作の浅村栄斗選手。

 浅村選手がバントをする機会をあまり見たことがないので、バント「A」に関しては疑問だが、バランスの取れた優秀な選手であることは間違いない。

 スキル「好球必打」があるかないかで評価が大きく変わってくる選手なので、レベル15まで育ててから本領を発揮する選手である。