ファミスタ攻略ブログ

ファミスタエボリューション・ファミスタクライマックスの攻略・パスワード・選手能力データ・評価を公開していきます。

【ファミスタエボリューション】能力S+(99)に「極意」や「スキル」装備で限界突破できる?

f:id:shilling635:20180831172000j:plain

 

 

 強い選手を育成していると思います。

パワーS+(93)の王貞治選手に『パワーの極意』って意味あるのかな?

 極意装備で93+10=103 (99)超えちゃってるけど、さらに『風格』や『チャンス』が発動したらパワーって上がるのかな?」

 能力がSを超える選手などは、スキルや極意を装備させると表示上はS+(99)でカンストしてしまいます。

 しかし、S+(99)という数値で止まるのならば、極意やスキル装備なんて意味ないと思ったりしませんか?

 この疑問は前作や前々作くらいから気になっていて、今回、答えが出そうなのでまとめておきます。

 

結論から言えば極意やスキル装備でS+(99)は超える

 おそらく、超えてると思います。

 でも正直、検証や体感は難しいです。

 ミートはヒットのポイントが広がるというイメージでしかないし、

 パワーは飛距離で検証しようにも、ミートポイントで飛距離が変わったり、本作から登場した打球特性などもあって余計にわからない。

 守備や肩は正直「S+」クラスの選手で(99)を超えるかなんて、検証しても意味がないほどよく機能しますし、守備力がS+(99)までUPし、且つ「内野コンボ」「外野コンボ」を習得する選手は本作では登場しない気がします。

 では、「走力」は?

 ファミスタシリーズお馴染みのあの男が、限界突破の有無を知らしめてくれているような気がするのです…。

 

「ピノ」の走力はなぜ異常なのか

 長年、ファミスタシリーズを困惑・混乱させてきた愛すべき韋駄天、ナムコスターズの「ピノ」さん。

 彼の俊足ぶりは有名ですが、近年のファミスタシリーズでは走力S+まで上がる選手が出てきています。

 過去作では、日本ハムの西川遥輝選手や阪神の糸井嘉男選手、名球会の福本豊選手など。

 まさに「ピノ」クラスの走力特化選手がいるのです。

 それでも、ピノの方が、塁間を回るのがとてつもなく速く感じます。(体感です)

 一塁到達速度もやはりピノは速い。(体感です)

 それはやはり、「走力スキル」の差だと思われます。

 

 

 ファミスタエボリューションでも「内野安打」「先頭打者」「激走」などのスキルを装備した上で、ピノで打って走ってみると、異常なほど速いです。

 他の選手の選手も走力スキルで底上げできますが、ピノの場合、走塁スキル習得が多く、次々と走塁スキルを重ねて装備できるので、数値はS+(99)を余裕で越し、異常なスピードを得ているように思います。

 逆に言えば、ピノに走塁スキルを装備させない場合、あのチート走力を得ることは難しいと言えそうです。

 実際に数値には出ませんが、スキル装備によって、S+(99)壁を超えることを体感できるのはこの「走力」ではないかと私は思っていますが…。

 

「トレーニングモード」にあった限界値

f:id:shilling635:20180831175124j:plain

 

 普段は「トレーニングモード」などやりませんが、ファミスタエボリューションでの操作マニュアル記事を書いたときにある気づきがありました。

 打撃練習時に、「ミート 」「パワー」「バント」の数値が自分で設定できるのですが、ここでは(99)を大きく上回り「159」まで上げることができました。

 この数値が普段のステータスに影響されているかはわかりませんが、この「159」という数値が限界値である可能性はありそうですね。

 

まとめ

 そもそもパワーやミートが(99)でカンストしてしまう仕様であったら、打撃スキルばかり覚える選手に極意やスキル装備は不要ですよね。 

 捨てスキルばかりになってしまいます。

 データ上には見えませんが、隠しステータスとして「159」までの数値が設定されていることがトレーニングモードで示唆されましたので、この数値が試合で反映されている可能性が出てきました。

 よって、個人的には能力S+の選手に極意やスキル装備は「あり」だと思います。

 それでも、そこまでの数値がある選手なら、スキルは弱点を補強するものを装備させた方が良い気もしますが…。

 本当のところは正直「わからない」ので、謎めいた話でしたが、是非「S+(99)の壁」「限界突破」についても、いろいろと試してみてください。