ファミスタ攻略ブログ

ファミスタエボリューション・ファミスタクライマックスの攻略・パスワード・選手能力データ・評価を公開していきます。

【ファミスタエボリューション】山田哲人 選手データ 最終能力 金カード 虹カード 東京ヤクルトスワローズ 二塁手

金カード 山田哲人 初期能力

f:id:shilling635:20180831164434j:image

 ミート : (45)

 パワー :A+(71)

 バント : (24)

 走力  : (60)

 肩   : (52)

 二塁守備: (54)

 

虹カード 山田哲人 最終能力

f:id:shilling635:20180831164436j:image

 

 ミート : (63)

 パワー :S+(94)

 バント : (39)

 走力  :A+(75)

 肩   : (67)

 二塁守備:A (69)

 

カードブースト

 2枚目:経験値アップ

 3枚目:パワー+5

 

習得スキル

①プライド Lv.2

 直前の打者が四死球だった場合に発動

 ミート・パワー ↑中

②内野コンボ Lv.2

 このスキルを持つ選手が2人以上内野守備についている場合に発動

 守備・肩 ↑中

③盗塁 Lv.3

 盗塁時に発動

 走力 ↑大

④対左投手 Lv.3

 相手が左投手の場合に発動

 ミート・パワー ↑大

⑤猛打 

 一つ前の打席でヒットを打っている場合に発動

 ミート・パワー ↑特大

⑥好球必打

 打席ごとに高確率で発動

 ミート・パワー・バント・走力 ↑大

 

ファミスタファンタジー・スキル

 2ターンの間、打球の有効秒数が3秒増加

 

選手説明

 自慢のパンチ力と高い盗塁技術を持つ〝トリプルスリー男〟。

 打撃以上に重視している守備から、プレーのリズムをつくる。

 2017年オフに同姓のの山田大樹が加入したが、登録名は〝山田〟。

 文責:バンダイナムコエンターテインメント

 

まとめ

 2015年、2016年と2年連続でトリプルスリーを成し遂げ、2018年8月現在、3度目のトリプルスリーという偉業も射程圏内にある、燕の天才打者。

 近年の侍ジャパンの主力メンバーの一人で、走攻守すべてにおいて高いレベルで世界でも活躍している。

 

 2017年は成績不振だったためか、本作「ファミスタエボリューション 」では前作「ファミスタクライマックス」と比較し、大幅な能力低下がみられる。

 

 

 前作では、打撃能力がバント以外「S+」、肩・守備も「A+」というバケモノっぷりで、最強の二塁手として存在感を示していた。

 特に枚数ボーナス5枚で得られる「全能力+5」が非常に強力で、銀カード&虹カード「山田哲人」を両刀使いしたくなるほど。

 本作はさすがにそこまではいかないが、自慢のパワーは「S+」と健在。

 バント以外「A」以上の能力とあって、総合的な能力の高さは「Mr.トリプルスリー」にふさわしい。

 ミートが初期値で「C」とやや低めで、育成し始めの頃はミスショットしやすいが、最終的に「A」までUPするので、パワーも相まって使いやすい選手。

 ファミスタでの二遊間の守備は特には大事なので、守備力「A」でも不安であれば、スキル「内野コンボ」で守備力の底上げができるのは嬉しい。

 また、前作ではスキル「固め打ち」だったのが「猛打」にパワーアップしていたり、打撃時に全能力を高確率で大幅にUPさせる「好球必打」もレベル15で習得してくれたりと、スキル発動時はやはり超強打者。

「極意」こそ習得しないが、カードブーストでパワーは「S+」にまでのぼり、最強スキル「好球必打」の習得は大きい。

 打球特性は、センター方向が赤でMAX、打球角度(弾道)が5段階中の4。

 これでパワーS+であるから、ホームランはもちろん期待できる。

 総合能力的には女子ソフトや女子野球の選手に残念ながら劣るが、重要な能力をしっかりと兼ね備えている点と、強力なスキルを習得する点では、実質最強の二塁手といってもよいかもしれない。

 今年、2018年にトリプルスリーを成し遂げたら、次回作の能力は…と考えるとやはり毎年ワクワクさせてくれる選手である。