ファミスタ攻略ブログ

ファミスタエボリューション・ファミスタクライマックスの攻略・パスワード・選手能力データ・評価を公開していきます。

【ファミスタエボリューション 】ダッシュ盗塁をマスターすると鈍足でも盗塁可能!?

f:id:shilling635:20180812151714j:plain

 

「ダッシュ盗塁」をご存知ですか?

 盗塁にも実は種類があります。

 盗塁をした時に、「ドゴオン!」っと爆発するような火花を散らして、盗塁すると、盗塁の成功率が大幅に上がります。

 これを「ダッシュ盗塁」といいます。

 本作は前作と比べ、調整が入っていて、COMのチームの強さが上がってくると、走力Aでも刺されてしまうことがしばしば…。

 ダッシュ盗塁を意識すれば、二盗はおろか三盗も簡単にできるようになるため、ぜひマスターしておきたいです。

 前作と比較して、ダッシュ盗塁のタイミングは難しくなっているので、成功しても気がつかないかもしれません。

 よく見ると、爆音で爆走していると「ダッシュ盗塁」成功となり、足の遅い選手でもある程度は次の塁を狙うことができます。

 

そもそも「ダッシュ盗塁」なんて本当にあるの?

 WEBマニュアルにも書かれていない「ダッシュ盗塁」は本当にあるのか、というのは疑問です。

 私も本作から消滅したのかな…と思っていました。

 しかし、野手スキルを調べている時、こんなスキルを見つけました。

 

・スタートダッシュ

 走者となった場合に発動

 ダッシュ盗塁のしやすさアップ

 

「ダッシュ盗塁」という言葉が出てきていますね。

 公式には発表していないようですが、存在するようです。

 前作までは説明書にも記載があったのですが…WEBマニュアルは何かと不親切な印象です。

 

「ダッシュ盗塁」のコツ

 前作までは、

「指定塁キー+Bボタン連打」

 でほとんどいけました(笑)

 体感で8割くらいは成功してたような気がします。

 ですから、鈍足選手でも楽々盗塁が稼げました。

 

 しかし本作はそれが全く通用しない…。

 むしろ

「指定塁キー+Bボタン連打」

 なんてやってると、スタートが遅れるような仕様に変わっています。

 

 では本作の「ダッシュ盗塁」のコツはというと…

 タイミングよく盗塁キーを入れる

 としか言いようがありません。

 

 具体的に言えば、

 投手が足を上げるか上げないかの瞬間に盗塁キーを入れること。

 また、

 指定塁キーを押したまま投球動作に入るまで待ち、投球動作に入った瞬間「Bボタン」を押す

 と「ダッシュ盗塁」しやすいです。

 同時に「指定塁キーとBボタン」を押す必要はありません。

例)二塁への盗塁の場合、まず、投球動作前までは「上」キーを押し続ける(打者は自ずと打席の前の方へ行きます)。

 投球動作に入った瞬間、「Bボタン」をタイミングよく押します。(この際、「上」キーは押したままです)

 

 

   前作までの、

「指定塁キー+Bボタン連打」

 だなんて、むしろ簡単すぎて盗塁の面白みはほぼありませんでした。

 

 今回はそんな裏技的な要素は全くなく

 プレイヤーのタイミング次第ということになります。

 

 もちろん上述した

「スタートダッシュ」のスキルを装備していれば、ダッシュ盗塁の発生確率は上がるでしょう。

 しかし、ダッシュ盗塁の魅力は全選手が可能ということ。

 タイミングさえ合えば、足の遅い選手でも(限度はありますが…)驚くような速さで盗塁を可能にします。

 

 COMの投球タイミングをある程度つかんでしまえば、ダッシュ盗塁もガンガンできると思いますが、前作よりは難しいので、無理だと思ったら潔く帰塁しましょう。

 

オンラインでは「ダッシュ盗塁」は使える?

 ゲームの仕様上、「ダッシュ盗塁」は可能でしょう。

 ただし、COMのように一定間隔で投球してくるわけでもなく、オンラインですので、若干のタイムラグが邪魔をしてうまくいかないことが多いと思います。

 前作のオンライン対戦でも、COM戦で8割は成功していた「ダッシュ盗塁」がタイムラグでほとんどできなかったのはよく覚えています。

 オンライン対戦では、純粋に走力の高い選手で盗塁をしたほうが、安全でしょう。

 

 ちょっと本作ではわかりにくいダッシュ盗塁。

 

 しかし、成功すれば爆発音と爆発エフェクトが発生すること、そして何よりも、捕手が投球動作に入ったあと、あっという間に次の塁へたどり着きそうな位置にいるのが成功した何よりの証拠です。

 プロコンを使っている人なら、コントローラーを有線接続にすれば成功確率が上がるかもしれませんね。

 ミッション等でも盗塁課題が出ることがあります。

 ぜひ「ダッシュ盗塁」を意識して次の塁を狙ってみてください。