ファミスタ攻略ブログ

ファミスタクライマックス・エボリューションの攻略・パスワード・選手能力データ等を公開していきます。

【ファミスタエボリューション 】守備操作マニュアルとコツ(初心者編)エラーや誤送球で試合にならない方は読んでみて!

f:id:shilling635:20180808082830j:plain

 

はじめに

 打球が早すぎて反応できず、こんな感じですぐに内野の間を抜かれたりすることはありませんか?

 ファミスタシリーズは、とにかく試合テンポが早いので、守備も一瞬の反応が大切になってきます。

 初心者にはやや難しい守備操作。

 今回は守備操作の詳しい操作方法や、そのコツなどをお伝えできたらと思います。

守備操作概要

・Aタイプ(ファミスタ式)

f:id:shilling635:20180808084130j:plain

 Aタイプの大きな特徴は

 送球動作が

「Lアナログキーまたは十字キー+A」

 ということです。

 この送球が独特で、初心者には少し難しいと思います。

 

・Bタイプ(パワプロ式) 

f:id:shilling635:20180808084245j:plain

 

 Bタイプはおなじみ「パワプロ」での操作に近いタイプです。

 1塁に投げたければAボタン、ホームに投げたければBボタンという感じで、直感的に送球動作を行えます。

 ファミスタの操作を全く知らないという方で、パワプロの操作になれている方は、このBタイプで操作した方が試合でのストレスも減るでしょう。

 操作は簡単ですが、後述する「スピード送球」が少し難しくなるかもしれません。

 

野手の移動

・Aタイプ(ファミスタ式)

「Lアナログスティックキー」または「十字キー」 

 

・Bタイプ(パワプロ式)

 「Lアナログスティックキー」または「十字キー」

 

 すばやくなめらかに動かしたい派は「Lアナログスティックキー」

 確実に動かしたい派は「十字キー」

 どちらでもかまいません。

 

 私は基本、

 動きの小さい内野守備は「十字キー」で確実に、

 外野に飛んできた場合は大きな移動になることが多いので

「Lアナログスティックキー」に切り替えています。

 

 捕球後の送球動作を正確に行いやすい「十字キー」で行う慎重派は、守備時の移動も「十字キー」で行うと取ってからが早いです。

「Lアナログステックキー」はしっかり押し倒すことができるので、野手の移動も楽でストレスがありません。

 また、JOYコンの十字キーは分離しているので「斜め」の動きに適していません。

 最短距離で「斜め」に移動したい場合は「Lアナログステックキー」を使いましょう。

 

 どちらでも全くかまいませんが、慣れてくれば上述したようにキーの「使い分け」ができると守備が堅くなる可能性があります。

 

送球動作

・Aタイプ(ファミスタ式)

「Lアナログスティックキー」または「十字キー」 +「Aボタン」

 

・Bタイプ(パワプロ式)

 1塁送球=Aボタン

 2塁送球=Xボタン

 3塁送球=Yボタン

 ホーム送球=Bボタン

 

 指定する塁に「Lアナログスティックキー」「十字キー」と「Aボタン」を押すファミスタ式は、昔からファミスタに親しんできた方は当然おすすめの操作方法です。

 ファミスタではデフォルトの操作方法がAタイプですが、慣れない場合、指定塁に投げられず、間違った塁に送球するというケースがたびたび出てくるでしょう。

 Aタイプの操作には慣れが必要なので、練習が必要ですが、ファミスタのゲーム性に適した操作方法は「Aタイプ」というイメージを個人的には持っています。

 

 対してBタイプは「パワプロ」の送球動作と同じものです。

 ファミスタのプレイが初めて、という方で、試合時の送球動作が不安定な方はBタイプに切り替えて遊んでみてください。 

 間違った方向に投げるというストレスから解放されるでしょう。

 ただし、ファミスタ操作で特に大切になる「スピード送球」に難しさを覚えるかもしれません。

 しかし、Bタイプでも慣れてしまえば「スピード送球」もうまくできるようになってくると思いますので、これからファミスタをはじめる方は「Bタイプ」をおすすめします。

 

 次回作が仮にあるとして、またファミスタの新作をやりたいと思っている方は、「Aタイプ」での操作を練習しておいた方がいいかもしれません。

 Aタイプはファミスタオリジナル操作なので、確実に次回作でも同じ操作でプレイできますが、Bタイプは次回作以降に導入されるかわかりません。

 次回作のことまで考えれば、Bタイプで試合に慣れてきたら、Aタイプで練習してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

スピード送球

・Aタイプ(ファミスタ式)

「Lアナログスティックキー」または「十字キー」 +「Aボタン」を同時押し

 

・Bタイプ(パワプロ式)

 1塁送球=Aボタン

 2塁送球=Xボタン

 3塁送球=Yボタン

 ホーム送球=Bボタン

 のそれぞれの送球ボタンと「Lボタン」同時押し

 

 Aタイプは指定塁のキーとAボタンを同時押し

 Bタイプはそれぞれ投げたい方向のボタンとLボタンを同時押し

 をすると、通常より早い送球が行えます。

 これを「スピード送球」といいます。(オンラインマニュアルにも載っています)

 内外野での送球、盗塁時などの捕手の送球にも適応されますので、マスターしておきたい動作です。

 

 コツは、「同時に押す」としか言いようがありませんが、少しでもタイミングがずれてしまうと、通常のゆっくりとした送球になってしまいます。

 

「スピード送球」に成功すると「シュッ」と気持ちのいい音が出て、白く風を切ったようなエフェクトが出ます。

 対して通常送球の場合、特にエフェクトはなく、「フォッ」とやわらかい音が出ますので、スピード送球失敗ということになります。

 

 三遊間のゴロの内野安打を防いだり、外野からのレーザービーム捕殺、キャッチャーの盗塁刺殺など、適応場面は多く、スピード投球は「必ず」行った方がいいです。

 これは「トレーニング」内で練習できるので、しっかりマスターしておきましょう。

 守備力・勝率がグッとあがりますよ。

 

中継

・Aタイプ(ファミスタ式)

 Rボタン

 

・Bタイプ(パワプロ式)

 Rボタン

 

 個人的にはあまり使わない中継プレー。

 外野手の肩が弱く、広い球場の場合では使いますが、中継するよりも「スピード送球」で指定塁に投げてしまうか、二塁へ送ってしまった方が早いです。

 CPUもライトから直接三塁へ投げてくるケースは結構あります(この隙をついてランニングホームランになるチャンスも結構生まれます)

 

 中継プレーだと、

「外野手捕球」→「外野手送球」→「内野手中継捕球」→「内野手送球」

 とやはり手数が多くかかってしまい、スピード勝負のファミスタではあまり有効ではありません。

 対して、

「外野手捕球」→「外野手送球」

 と、直接素早い送球が可能であればそちらの方が断然早いです。

「スピード送球」をマスターすれば、中継プレーはほぼ必要なくなると思います。

 

 

ダイビングキャッチ

f:id:shilling635:20180808100228j:plain

 

・Aタイプ(ファミスタ式)

 Aボタン

 

・Bタイプ(パワプロ式)

 Aボタン

 

 上の画像のように、ズサッと前方や側方などに倒れこみながら際どい球を取りにいくプレーです。

 このプレーもマスターしてほしいプレーです。

 マスターといっても、野手を操作して「Aボタン」を押すだけと簡単そうに思えますが、

 

①360°あらゆる方向に対応できるようにすること 

②早い打球に反応できるようになること

③ボテボテの球をダイビングキャッチ取れるようになること

④打球を待って取らずにダイビングキャッチで取れるようになること

 

 この3つの要素を意識してみてほしいです。

 

 ①②はわかりやすいですが、

 ③ボテボテの球をダイビングキャッチ取れるようになること

 ④打球を待って取らずにダイビングキャッチで取れるようになること

 は説明が必要ですね。

 

 もう一度、上記の画像と同じものを見てみましょう。

 

f:id:shilling635:20180808100228j:plain

 

 このようなケース。

 打球はボテボテのショートゴロですが、打者ランナーはもう一塁ベース付近まで到達しています。

 つまり、このくらい打ち取った凡打でも「内野安打」という結果を防ぐために③④の要素が必要となります。

 

 ファミスタのダイビングキャッチは、ダイビングしてから起き上がるのがとても早いです。

 これを利用して、ボテボテの打球も前方にダイビングキャッチしてスピード送球すると、内野安打を防げる確率が上がります。

 

 また、早い打球が飛んできた時…

f:id:shilling635:20180808082830j:plain

 

 待って取りに行くと、ほぼ抜けていってしまいます。

 また、普通のゴロでも待って取ると誤って抜けてしまうことがあるので、ここも捕球範囲の広がる「ダイビングキャッチ」を多用しましょう。

 

 ファミスタは打者が打ってからの展開がものすごく早いので、打者が打ったと思ったら「Aボタン」の準備をしておきます。

 そして守備範囲の広がる「ダイビングキャッチ」を多用するのです。

 また、取ってからの「もたつき」も「ダイビングキャッチ」はないので、積極的に使っていくことが、守備のポイントになってきます。

 

スーパーファインプレイ

f:id:shilling635:20180808102112j:plain

 

・Aタイプ(ファミスタ式)

 Aボタン+Xボタン

 

・Bタイプ(パワプロ式)

 Aボタン+Xボタン

 

 こちらは「パワプロ」などでのダイビングキャッチと同じものと考えてください。

 かなり素早い動きで、広範囲にダイビングすることができますが、失敗すると一定時間動けなくなるというリスクありのプレーです。

 上記画像のように、「スーパーファインプレー」が発動すると、キラキラとしたエフェクトが現れます。

 キャッチに失敗した場合は、下記画像のように汗のようなエフェクトが出て、一定時間動けなくなります。

f:id:shilling635:20180808102714j:plain

 

 この「スーパーファインプレー」は、もう取れるか取れないか「賭け」の時にしか使わないようにしましょう。

 外野の頭を越すか越さないか、二遊間ライナー届くか届かないかなど、かなり際どいプレーに対して使用するようにします。

 外野のプレーで使用して失敗すると、一定時間動けなくなるロスタイムの間にぐるぐると塁を回られてしまいます。

 また、エラー率も上がるので、多用はしたくないところですが、球際のギリギリのプレーでファインプレーを狙えそうなら使いましょう。

 

まとめ

①送球動作は、はじめてのファミスタプレイなら「Bタイプ」がおすすめ

「スピード送球」は必ずマスターしよう

③待って取らずに「ダイビングキャッチ」を多用しよう

「スーパーファインプレイ」はギリギリの最終手段として使おう

 

 特に野球ゲームは「パワプロ」「プロスピ」しかプレイしたことない方は、序盤の試合操作で投げ出したくなるでしょう。

 とてもよくわかります。

 そんなときは迷わず「Bタイプ」でおなじみの操作方法で、ストレスなくプレイすることができます。

 また、CPUの難易度が上がったり、オンライン対戦などでは、「スピード送球」「ダイビングキャッチ」などの正確性が勝敗の分かれ目になったりもします。

 ファミスタの守備操作はスピード感があって難しく、慣れが必要でイラつきますが、これがファミスタクオリティです。

 一度、俊足キャラでおなじみの「ピノ」などをバッターとして相手してみてください。

 チートクラスの走力で、転がせばほぼセーフ。

 ピノを相手にゴロアウトなど取れるようになると、十分いろいろな相手に通用できる守備力があると言っても良いかもしれません。

 もちろん、味方選手の守備能力も大きく影響しますから、まず「トレーニング」モードなどで味方選手の守備力を高く上げてから練習してみることをおすすめします。

「トレーニング」モードや「試合」をしながら、上記した4つのポイントを少し意識しながらプレイしてみてくださいね。

 守備がうまくなれば、ファミスタはかなり楽しいですよ!