ファミスタ攻略ブログ

ファミスタエボリューション・ファミスタマスターオーナーズ・ファミスタクライマックスの攻略・パスワード・選手能力データ・最新情報・評価を公開しています。

【ファミスタ エボリューション】ショップマスで確実に好きな選手の金カードを買う裏技

f:id:shilling635:20180806152707j:plain

 ドリームペナントでファミダスでガチャをしても、全然好きな選手が出てこない…。

 そんなときは、ファミダスをあきらめ、FPを貯めて「ショップマス」で購入した方が確実です。

 しかし、ショップマスとて万能ではありません。

 マイチームはよく出てくるけど、他のチームの金カード選手が欲しい!

 柳田悠岐選手が欲しい!

 山田哲人選手が欲しい!

 筒香嘉智選手が欲しい!

 そんな欲望を埋める方法がありますのでご紹介します。

 

 

ショップマスで好きな選手を買う方法

 それでは今回、例として、私の好きな投手「岸孝之」選手を狙ってみたいと思います。

 

①ショップマスに行く

f:id:shilling635:20180806154357j:plain

 実は、このゲームは試合後にすぐオートセーブされています。

 これを利用します。

 まずはショップマスに行ってみましょう。

 

②ショップに好きな選手がいるか確認する

f:id:shilling635:20180806154523j:plain

 

 テーマは「ライオンズ」になってますね。

 岸選手は以前はライオンズのエースでしたが、現在は「楽天イーグルス」で活躍しています。

 そんな岸選手を我がライオンズに引き戻したい…。

 こんなワガママな私のような人間の欲望を叶えることはできるのでしょうか?

 

f:id:shilling635:20180806154712j:plain

 

 一応確認しておきます。

 当然ながらいませんね。

 しかし、金カードが3枚に主力クラスの選手の青カードが5枚と、やはりショップマスは有能です。

 金カードはちょっと高い印象ですが、ファミダスで狙うより確実性があるのでおすすめです。

 

③欲しい選手がいなければ、すぐ「ゲームを終了」する

 そうですね、いわゆる「リセットマラソン(リセマラ)」というやつです。

 このとき、次のマップに進んではいけません。

 ショップを出てしまうとセーブされてしまうので、先ほどの選手購入画面でスイッチのホーム画面に戻って「ゲームを終わる」を選択しましょう。

 

④欲しい選手が来るまで繰り返す

f:id:shilling635:20180806155303j:plain

 

 再びゲームをスタートすると、この状態からリスタートできます。

 まさに「」。

 もう一度「ショップマス」に立ち寄ってみましょう。

 

f:id:shilling635:20180806155427j:plain

 

 テーマが「ライオンズ」から「先発投手」に変わりましたね。

 岸選手は先発投手です。

 これで岸選手がいる確率がアップしているはずですが…

 

f:id:shilling635:20180806155548j:plain

 

 お!

 やった!

 やったー!

 岸孝之選手です!(決め球がカーブからサークルチェンジになってる…)

 これで岸選手を選んで購入します。

 今回は1発で出ましたが、

 欲しい選手が出るまで何度も繰り返す必要性は自ずと出て来ると思います。

 マイチームに選んだチームがテーマになることが多いので、

 確実に「推し選手」がいる場合は、ゲーム開始時にそのチームを選んでおくとスムーズです。

例)柳田悠岐選手が欲しいならソフトバンクを選ぶ

  山田哲人選手が欲しいならヤクルトを選ぶ

 

 ちなみにテーマは数種類あり、金カードが出ないケースもあります。

【テーマ】

・先発投手

・リリーフ

・内野手

・外野手

・捕手

・マイチーム

レア選手

 

 テーマがレア選手の場合、8枚全て「金カード」が出てきます。

 レア選手がテーマだった場合は、戦力アップにかなり期待できますね。

 また、今回は12球団以外に六大学や、ソフトボール、女子野球選抜などの金カードもラインナップに入るので、完全ランダムで並ぶショップに欲しい選手が来る確率は前作より減りましたが、試してみる価値はあると思います。

 リセマラをやっているうちに、

「あ、この選手強いじゃん!」

 と思って衝動買いしちゃうことだってあるかもしれません。

 また、カードブースト(同一選手の複数枚所持)を狙いたいときにもこの方法は活躍します。

 体感的には、テーマは「マイチーム」が最も出やすいので、好きな球団や選手がいると、やはり早くから楽しめますね。

 おためしあれ!