ファミスタ攻略ブログ

ファミスタクライマックス・エボリューションの攻略・パスワード・選手能力データ等を公開していきます。

【ファミスタエボリューション】購入レビュー・感想 任天堂スイッチを買ってまでプレイするべき?

プロ野球 ファミスタ エボリューション - Switch

 

はじめに

 ファミスタエボリューション がついにニンテンドースイッチで発売になりました。

 ここまで、さらっとプレイしてみた感想や気になる点、ほかの野球ゲームとの比較など現時点でのレビューを書いてみたいと思います。

「ファミスタの新作はプレイしたいけどスイッチ買ってまでプレイするべき?」

 とお悩みの方、参考になれば幸いです。

 

 

野球プレイ要素

f:id:shilling635:20180802142955j:plain

 

 野球ゲームといえば、「実況パワフルプロ野球(パワプロ)」「プロ野球スピリッツ(プロスピ )」「MLB The Show」などが有名ですが、この「ファミスタ」シリーズも長年続いているシリーズです。

 操作性もずっと変わらず、長年プレイしてきた人は愛着があると思います。

 

【ファミスタの打撃】

 打撃はシンプルにタイミングよく振るイメージ。

 外角・内角の要素はあるも、高低差の要素はほぼなし(極端に落ちる球はある)。

 打撃にはパワースイングという回数制限つきのスイングがあり、そこで「強振」などの区別ができます。

 本作から「弾道」「打球方向」のステータスがつきました。

 

【ファミスタの投球】

 基本的に全投手、全方向に変化球が投げられますが、能力が高い方向へよく曲がります。

 フォークのような落とす球も全員投げられますが、下変化能力がFやGのような低いステータスだと、思ったように落ちてくれず、痛打されてしまうことがあります。

 投手には各1種類ずつ「決め球」があります。

「ツーシーム」や「SFF」「ナックルカーブ」など現役・OB選手などが得意としていた球を魔球のように投げられます。

 また「消える魔球」のようなまさに「魔球」を投げる投手もいます。

 

【ファミスタの守備】

 パワプロやプロスピと違う点は、送球の仕方が一番違う点だと思います。

 指定塁の十字キーとAボタンを同時押しすると、指定塁に投げられます。

例)二塁に投げたければ「十字キー上+A」

  本塁に投げたければ「十字キー下+A」

 この同時押しのタイミングがずれると、ヘンテコでひ弱な送球になってしまいます。

 レーザービームのような送球をするためには、同時押しの練習が必要です。

 送球操作やランダウンプレー(選手自体を動かす)操作はかなり癖があって好き嫌いが出ると思います。

 

【カメラ】

f:id:shilling635:20180802144243j:plain

 

 ↑これが通常の「ファミスタカメラ」と呼ばれるものです。

 ファミスタは、やや斜め上見下ろし角度でプレイするのが一般的でしたが…

 

f:id:shilling635:20180802144500j:plain

 

 本作から登場した「エキサイトカメラ」はこのような視点になります。

 「ファミスタカメラ」と「エキサイトカメラ」はプレイ中に自由に変更可能です

 こちらは、通常の野球ゲーム(パワプロ・プロスピ )に近い角度になっています

 個人的にはこの「エキサイトカメラ」がなかなか見やすくて良いです。

 

 はじめてプレイする方には、やや難しい操作性で、リアル感は正直言ってほとんどありません(笑)

 野球盤ゲームといった感じでしょうか…

 ランニングホームランやスリーベースもガンガン出ます。

 チート魔球もガンガン投げられます。

「理不尽」プレーもかなりあるので、ストレス溜まることが多々あります。

 慣れれば、「これぞファミスタ」と思えるようになるはずですが…。

 リアル野球を求めるのであれば「プロスピ 」「MLB The Show」とは比になりませんが、製作者の「遊び心」が存分に詰められた野球ゲームになっています。

 根本的なルールは「野球」ですので楽しくルールを覚えることにも向いていますね。

 

主なモード紹介

【ドリームペナント】

f:id:shilling635:20180803054609j:plain

 

 オリジナルチームを作っていく、ファミスタの人気モードです。

「ファミダス」と呼ばれるカードダスを引き、選手を集めていき、ペナントレースを勝ち進んでいきます。

 通常のペナントレースとは違い、「ミッション」や「観客リクエスト」などのイベントが発生し、成功するとFPと呼ばれるゲーム内通貨がもらえたりします。

 そのFPを使って、「ファミダス」で選手カードを引いたり、ショップで好きな選手を購入したり、トレーニングの費用にあてたりすることができます。

 試合をこなすことにより、選手はレベルアップしていきます。

 この「育成」要素と選手の「収集」要素が醍醐味のモードです。

f:id:shilling635:20180801165612j:plain

 選手カードにはレアリティがあり、一部の選手には「金カード」成長すれば「虹カード」となり、最強クラスの選手が誕生します。

 選手の育成は「ドリームペナント」モードでしかできませんので、基本的にはこのモードを中心に遊ぶことになると思います。

 純正チームを作るのもよし、自分だけのドリームチームを作るのもよし、自由度の高い楽しいモードです。

 収録選手数は1000を超える本作ですから、やり込み要素は抜群です。

 名球会、BCリーグや女子野球、ソフトボールに六大学まであります。

 前作と比べても、選手収録数が多く、サクサク進み、個人的には楽しいです。

 

スポンサーリンク
 

【ファミスタクエスト】

f:id:shilling635:20180803055501j:plain

 

 本作から新しく追加されたモードです。

 RPG風の野球ゲームという斬新なシステムで、マイ選手(オリジナル選手)を作ることが目標になります。

 

f:id:shilling635:20180803055849j:plain

 

「ドリームペナント」モードで集めた選手を使い、まず勇者(自分)のステータスを決定します。

 野手カード2枚、投手カード2枚を合成させて勇者のパラメーターが決定します。

 

f:id:shilling635:20180803060047j:plain

 

 強いカードを合成させると、勇者の初期パラメーターが高くなるので、「ドリームペナントモード」と並行してプレイするのがよさそうです。

 

f:id:shilling635:20180803060208j:plain

 

 一応RPG風ですので、モンスターと戦います。

 しかし、戦い方はもちろん「野球」。

 モンスターが投げてくる球を打ち返して…

 

f:id:shilling635:20180803060321j:plain

 

 ピンボールのように打球が右往左往しながらダメージポイントが決定されていくというシステム。

 たくさん跳ね返ったり、大きなエネルギー体に当たったりすると大ダメージを与えられます。

 

f:id:shilling635:20180803060518j:plain

 

 もちろんRPG風なので「装備」までちゃんとありますよ(笑)

 お金を集めてショップで武器であるバットを買ったりできます。

 属性付きのバットなどで、敵の弱点をつくことまでできます。

 かなり凝ってます(笑)

 

f:id:shilling635:20180803060706j:plain

   

 戦闘不能になるか、全5ステージをクリアすると、マイ選手が出来上がります。

 道中で貯めたポイントを振り分けたり、好きなスキルを選んだりして、自分好みの選手に仕上げます。

 個人的にはまだあまり手を出していないモードですが、5ステージクリアするのはかなり大変らしいので、やりこみ度は高そうです。

 

 選手作成といえば、パワプロの「サクセス」ですが、こちらのモードは、完全に別物と考えてよいでしょう。

 思い通りの選手を作るのは結構骨が折れそうです。

 クエストを受注したり、ボスを倒したり、ピンボール風の打撃攻撃など遊び要素は満載ですが、「野球」をやってる感じはあまりしませんでした。

 これから少しずつやりこんでみます。

 

【おすそわけプレイ】

f:id:shilling635:20180803061356j:plain

 

 左右のJoyコンを降って投げたり、打ったりする簡単なモード。

 ファミスタのプレイに慣れない人や、家族でワイワイ楽しむにはうってつけ。

 ただコントローラーをタイミングよく振るだけです。

 wiiで流行ったあの感じです。

 感度もよく、ホームランも簡単に打てたり、投手側の変化球の駆け引きがおもしろかったり、友達や恋人などと気軽に「野球」を楽しむには十分です。

 難しい走塁や守備は完全オートでやってくれるので、そこも安心。

 そしてこのモードの最大の特徴である…

 

f:id:shilling635:20180803061830j:plain

 「予告ホームラン」

 そして…

f:id:shilling635:20180803061919j:plain

 「奪三振宣言」

 この2つを発動させることができるのは「おすそわけプレイ」のみです。

 これらを使うと、ミートとパワーが大幅にアップしたり、豪速球を投げられるようになったりします。

 これはとても熱いです!

 みんなで集まって楽しむ「ファミスタ」はこちらのモードでプレイすると大盛り上がりですよ!

 

【ボードでファミスタ】

f:id:shilling635:20180803062215j:plain

 

 この画像は横画面ですが、通常はスイッチをドックから外し、縦にして遊びます。

 完全なるバーチャル野球盤です(笑)

 バッターもバイーンってスイングしたり、ピッチャーも消える魔球が投げられたりします。

 

f:id:shilling635:20180803062418j:plain

  こんな感じで、打球がどこに飛んで行ったかでヒットかホームランかアウトか決まります。

 ただの野球盤ですね(笑)

 小さいお子さんや、あの頃を懐かしむおじさんたちが気軽に楽しめるモードとなっています。

 COM対戦もできますが、一人でやると寂しすぎます(笑)

 

まとめ

【メリット】

①圧倒的選手収録数(1000人以上・ソフトボールまである)

② 選手の「収集」「育成」が楽しい(やり込み要素が多い)

③自分だけのオリジナルドリームチームを作って友達と対戦できる

④RPG風野球ゲームという今までにないプレイが楽しめる

⑤「おすそわけプレイ」で大勢でわいわい楽しめる

⑥オンライン対戦もあります

⑦事実上引退宣言をしたBC栃木の村田修一(元・巨人)が使える(しかも強い)

⑧球団マスコットキャラクターが使える(各球団2体ずつ)

 しかも「球団マスコットキャラクターチーム」まで作れる

⑨スマホゲーム(プロスピAなど)で思うようにならない「ガチャ欲」を無課金(ゲーム内通貨)でガンガン回せる

⑩全国各地に散らばる雑誌や店舗などでコラボした「パスワード」を探して選手やアイテムをゲットするのが楽しい

 

 

【デメリット】

①グラフィックは3DSより上、PS4より下(最近のゲームとしては悪い)

 スマホゲームの「パワプロ」や「プロスピA」の方がぶっちゃけ綺麗

②選手の再現度はパワプロ・プロスピ等と比べるとかなり低い

③「育成」「収集」のボリュームがありすぎて、同じことを繰り返す作業ゲーになりかねない

④「ファミスタクエスト」は正直意見が分かれそう

⑤「ゴーストボール(消える魔球)」などのチートボールがある(オンラインで使われるとかなりイライラします)

⑥投打が単調、守備・走塁操作は慣れないとストレス

⑦ランニングホームラン、スリーベースが通常の野球ゲームに比べて出やすい

 セーフティバントが楽勝に決まったり、逆に走力が低ければライトゴロやセンターゴロなど通常の野球ゲームではありえない状況がたびたび見られる

⑧良くも悪くも楽しさがわかるには「やりこみ」が必要

⑨ロード時間がやや長い

⑩オンライン対戦の不正・切断対策が甘い(前作はランキング上位が不正者だらけだった)

 

 

 これくらいにしておきましょう(笑)

 最後に

 良い面も悪い面も、赤裸々に書きました。

 

 正直に言えば、

「人を選ぶゲーム」

 だと思います。

 ですから、さらに正直に申しますと、

「ファミスタ初心者の方はダウンロード版はおすすめしません」

 合わない人には本当に合わないと思うので、後悔はしてほしくありません。

 アップデートなどでゲーム性がガラリと変わるわけでもありませんし…。

 

 本作は体験版が用意されていませんので、

 初心者の方や久しぶりにファミスタやる勢の人たちは

 前作の3DS「ファミスタクライマックス」

「ファミスタリターンズ」をプレイしてみることをおすすめします。

 

 イメージは

「バーチャル野球盤ゲーム」

 と思うといいかもしれません。

 その昔ながらの歴史ある、「変わらない」ことが売りのファミスタは

 現状のゲームでは珍しい「レトロさ」を味わう野球ゲームだと思います。

 だからこそ、操作性が悪かったり、グラフィックが微妙だったりするのは仕方ないとも思います。

 そのあたりが楽しめるかどうか…。

 

 ファミスタはパスワードをみんなで探したりする楽しさや、球団マスコットが使えるゲームとしても有名です。 

 理不尽なところもたくさんありますが

「これこそファミスタクォリティ」

 だと思えるくらいプレイしていけば、かなり楽しめる内容となっております。

 そしてなにしろ

「ニンテンドースイッチ初の野球ゲーム」

 ということも一目置いておいてほしいところです。

 家族や恋人など野球をあまり知らない人とでも、Joyコンを振って直感的に楽しめる「おすそわけプレイ」は一度やってみてほしいです。

 走塁や守備はオートにもできますし、細かいことは気にせず、みんなでワイワイパーティゲームとして楽しむのであれば、スイッチと一緒に買ってみるのもありかもしれませんね。

 

 そして、本気で興味が湧いた場合…

 本当に毎回1本のソフトで長く遊べるシリーズなので、シリーズファンや「やり込み」好きなあなたは「ダウンロード版」をおすすめします。

 ロードも早くなりますしね。

 

 パワプロやプロスピ等に慣れ親しんでいる人は

 操作がかなりもどかしく、イライラするかもしれませんが、

 慣れればとても楽しくなるので、興味があれば是非プレイしてみてください。

 

 そんな私はファミスタ大好きです!

 もちろん「ファミスタエボリューション 」も大変満足しております!

 

 みなさんと一緒に対戦ができたらいいなぁと夢見ながら

 このレビューを終わります。

 長々とありがとうございました!

 

スポンサーリンク