ファミスタクライマックス攻略ブログ

ファミスタクライマックスの攻略・パスワード・選手能力データ等を公開していきます。

【ファミスタクライマックス】 虹 金 清田育宏 選手データ 最終能力 千葉ロッテマリーンズ

金カード 清田育宏 初期能力

 

f:id:shilling635:20170703125528j:plain

 

虹カード 清田育宏 最終能力

 

f:id:shilling635:20170703125552j:plain

 

【枚数ボーナス】

 2枚目:経験値アップ

 3枚目:守備力+10

 5枚目:ミート+10

スポンサーリンク
 

 

【習得スキル】

サヨナラ Lv.3

 最終回以降の裏の攻撃時に本塁打で逆転が可能な場合に発動

 ミート・パワー ↑大

外野コンボ Lv.3

 このスキルを持つ選手が2人以上外野守備についている場合に発動

 守備力・肩 ↑大

ねばり Lv.3

 カウントが2ストライクとなった場合に発動

 ミート ↑大

遠投 Lv.3

 守備位置が外野ポジションの場合に発動

 肩 ↑大

フルスイング

 前の打席で三振している場合に発動

 パワー ↑特大

怒り

 直前の打者が四死球だった場合に発動

 ミート・パワー ↑特大

 

考察

 2015年にブレイクし、打率.317、本塁打15本、シーズン二塁打リーグ1位、守備率1.000を記録。

 その年のベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞し、侍ジャパンの一員として戦った経緯もある。

 しかし、2016年に2度の頭部死球を受け、成績は大きく低迷。

 2017年前半戦も成績は思うように上がらず、先発出場機会も減っているだけに、ロッテの主軸として復活が待ち望まれる。

 成績は落ちたものの、人気選手である清田は、本作でも金カードとして登場。

 前作では爆発的なパンチ力と守備力で存在感を見せたが、本作ではやや控えめなステータス。

 ミートはSとよく伸びるが、これも枚数ボーナスの力を借りてS。

 パワーはA+と前作よりパワーダウン。

 肩・守備もA+とまぁまぁだが、守備力は枚数ボーナスをかけてA+。

 枚数ボーナスがかゆいところに手が届いていてありがたいのだが、もとのステータスはやはり全体的に低め。

 ミートSは前年の成績からすると高い気もするが、清田のポテンシャルの高さゆえの数値と思いたい。

 スキルははっきりいってどれもこれも使いづらく、何を装備して良いのかわからないくらい。

「外野コンボ」「遠投」と守備スキルが豊富だが、あってもなくてもいいスキル。

 さらに「サヨナラ」「ねばり」「フルスイング」など、厳しい場面での発動スキルが多く、ここぞという時にしか力が発揮できないのは残念。

 最終スキルが「怒り」なのもかなり残念なポイント。

 直前の打者が四死球だった場合などほとんどないので、発動条件はかなり厳しいものとなる。

 無難な守備スキルを装備させるか「サヨナラ」や「フルスイング」など、勝負所で一発がかかるスキルを装備させるのが良いかもしれない。

 PPはやや低めの70でオーダーには組み込みやすいが、最終的にはイマイチ光らない外野手。

 今年こそ、復活した清田育宏を見たい。

スポンサーリンク