ファミスタクライマックス攻略ブログ

ファミスタクライマックスの攻略・パスワード・選手能力データ等を公開していきます。

【ファミスタクライマックス】 虹 金 小林誠司 選手データ 最終能力 侍ジャパン 読売ジャイアンツ

虹カード 小林誠司 最終能力

 

f:id:shilling635:20170702080756j:plain

 

【枚数ボーナス】

 2枚目:???

 3枚目:???

 5枚目:???

スポンサーリンク
 

 

【習得スキル】

バント Lv.1

 バント・走力 ↑小

逆境 Lv.2

 試合後半で負けている場合に発動

 ミート・パワー ↑中

対スキル Lv.2

 相手投手にスキルが発動している場合に低めの確率で発動

 ミート・パワー・バント・走力 ↑大

好リード Lv.3

 味方投手のPPが自分のPPと比べて10以上小さい場合に発動

 味方投手の変化 ↑大

盗塁阻止 Lv.3

 相手走者の盗塁時に発動

 肩 ↑大

クイックスロー

 スピード送球操作時に発動

 スピード送球のしやすさアップ

 

考察

 2017年WBCのラッキーボーイとして世界に名を轟かせた男、小林誠司。

 課題とされていた下変化球の捕逸も0、大会通算打率.450、本塁打1本、6打点と大活躍。

 侍ジャパンの正捕手として好リードをみせた。

 小林誠司の持ち味はなんといってもその強肩で、本作でも肩の数値はSと非常に高い。

 スキルも「盗塁阻止」「クイックスロー」など肩を生かしたスキルが多く、盗塁阻止に関しては天下一品。

 しかし、それ以外のステータスは正直微妙。

 パワー・走力Bは厳しい数値だろう。

 かろうじてバントがA+、スキル「バント」を習得するがスキルレベルはなんと「1」。

 これでは自分が生きるバントも難しい。

 スキルの半分が守備スキルと、打撃に関してはもう虹カードとしては残念でしかないので、まさにラッキーヒットをねらっていくしかなさそうだ。

 ちなみに銀カードと比較してみると、銀の方は肩がS+(92)さらに「盗塁阻止」の上位スキル「バズーカ肩」を習得する。

 バントの数値がやや銀カードの方が劣るが、PPも低いので序盤から育てていくのなら、侍よりも青カードの小林誠司の方がよい。 

 というかほとんど変わらない。

 侍ジャパン・金カードということでややプレミア感はある選手だが、お世辞にも強いキャッチャーであるとはいいがたい。

 今シーズンも苦しんでいる打撃。

 是非ともWBCのときのようなミラクルをここからみせてもらいたい。

スポンサーリンク