ファミスタクライマックス攻略ブログ

ファミスタクライマックスの攻略・パスワード・選手能力データ等を公開していきます。

【ファミスタクライマックス】 虹 金 バレンティン 選手データ 最終能力 東京ヤクルトスワローズ

金カード バレンティン 初期能力

 

f:id:shilling635:20170626092345j:plain

 

虹カード バレンティン 最終能力

 

f:id:shilling635:20170626092501j:plain

 

【枚数ボーナス】

 2枚目:経験値アップ

 3枚目:守備力+10

 5枚目:ミート+10

スポンサーリンク
 

 

【習得スキル】

気合  Lv.3

 相手投手のPPが自分のPPと比べて10以上大きい場合に発動

 ミート・パワー・バント・走力 ↑大

犠牲フライ Lv.3

 ノーアウトまたはワンアウトで走者三塁の場合に発動

 ミート・パワー ↑大

対左投手 Lv.3

 相手が左投手の場合に発動

 ミート・パワー ↑大

満塁 Lv.3

 満塁の場合に発動

 ミート・パワー ↑大

威圧感

 打席中、常に発動

 相手投手のスタミナ消費用アップ

一打入魂

 カウントが2ストライクとなった場合にパワースイングを使用すると発動

 パワースイング威力 ↑特大

 

考察

 2013年にはあの王貞治・ローズ・カブレラが記録したシーズン55本塁打を抜き、シーズン本塁打60本という驚異的な記録を叩き出したオランダの助っ人外国人。

 3年連続本塁打王は王貞治と並び2人目。

 規格外のパワーと強肩が魅力で、変化球への対応や、守備力もなかなかのもの。

 WBCオランダ代表としてもその存在感は圧倒的で、侍ジャパンの石川歩からも本塁打を放ち、6割を超える打率と、4本のホームランで、2017年のWBC最優秀外野手にも選ばれた。

 ファミスタクライマックスでもその圧倒的なパワーは顕在。

 ミートS(86)、パワー(89)と惜しくもS+には届かないが、スキルの力を借りれば実質S+は可能。

 走力はBと結構走れるので、隙をつけば盗塁も可能なレベル。

 肩はA+と強く、守備もAとなかなか高いので、DHでなくとも、ライトやレフトを任せて良いだろう。

 しかしスキルは若干使いづらいものが揃っている。

「気合」「犠牲フライ」「対左投手」「満塁」「一打入魂」と、特定の場面が生まれないと発動しないスキルが多すぎる。

 ここはもう下手なスキルを装備するより「気合」1本で貫いて、手強い投手に立ち向かう手もあり。

 強いていうなら「対左打者」「一打入魂」あたりが使える。

 もちろん「対左打者」は相手が右腕であれば全く使えないし、「一打入魂」は三振のリスクも高い博打スキルだ。

 助っ人外国人はこのようにパワーヒッターが多いので、三振覚悟のスキルや、「満塁」など大舞台で威力を発揮するスキルがよくみられるので、保険的に装備しておくか、「気合」などのスキルで割り切って、もとのパワーで押し切る方法がベター。

 しかしバレンティンは打撃面以外もわりと数値が高いので、使いやすい選手。

 柳田悠岐・糸井嘉男あたりと比較すれば、全体的に劣ってしまうが、良外野手であることは間違いない。

「4番適正」などを装備させ、4番打者として定着させると安定するはず。

スポンサーリンク