ファミスタクライマックス攻略ブログ

ファミスタクライマックスの攻略・パスワード・選手能力データ等を公開していきます。

【ファミスタクライマックス】 虹 金 山田哲人 選手データ 最終能力 ヤクルト

金カード 山田哲人 初期能力

 

f:id:shilling635:20170514202427j:plain

 

虹カード 山田哲人 最終能力

 

f:id:shilling635:20170514202438j:plain

 

【枚数ボーナス】

 2枚:経験値アップ

 3枚:肩+10

 5枚:全能力+5

 

【習得スキル】

固め打ち Lv.3

 一つ前の打席でヒットを打っている場合に発動 ミート・パワー ↑大

連打 Lv.3

 直前の打者がヒットを打っている場合に発動 ミート ↑大

ファインプレイ Lv.3

 ダイビングキャッチ(スーパーファインプレイ)操作時に発動 エラー上昇率 ↓大

盗塁 Lv.3

 盗塁時に発動 走力 ↑大

スタートダッシュ

 走者となった場合に発動 ダッシュ盗塁のしやすさアップ

好球必打

 打席ごとに高確率で発動 

 ミート・パワー・バント・走力 ↑大

スポンサーリンク
 

考察

 2年連続トリプルスリー&侍ジャパンの主力メンバー。

 その能力はまさに現役「最強」クラス。

 打撃面はバント以外「オールS+」まで伸びる。

 5枚ボーナスで「全能力+5」されるのでミート・パワー・走力をS+まで引き上げたいのならば、ヤクルトのファミダスかショップマスで積極的に山田哲人を狙っていこう。

 守備面もA+と高いので、今回はライバルの菊池涼介とかなり差がついたかもしれない。

 スキル面では、「固め打ち」「連打」さらに「好球必打」と攻撃面は抜群に強い。

 特に最後に覚える「好球必打」は高確率で打撃能力を引き上げてくれるのでかなり強い。

 走塁・守備スキルも多彩なので、状況や相手に応じて付け替えられる選択肢があるのも良い。

 ちなみに銀カードには「連打」がなく「パワーの極意」になっている。

 銀カードでもオールSなのでDH+セカンドで使うのもおもしろい。

 侍ジャパンとの違いは、スキルレベルの差が一番大きい。

 侍・山田哲人の方は「好球必打」も覚えなかったので、断然ヤクルト山田哲人が強いだろう。 

 さらに侍ジャパンは現状、枚数ボーナスがないのでS+まで伸びるのはミートだけ。

 名球会・監督・コーチ・メタルズ・ライバルーズなど含めてもこのレベルのステータス選手はいないので、おそらく最強の二塁手で間違いない。

 

 ちなみに侍ジャパンの山田哲人の能力は、

・ミートS+(91)

・パワーS(89)

・走力S(84)

・バントB(55)

・肩B(58)

・メイン守備A(64)

 とやはり強すぎる。

 スキルは「好球必打」が「集中打撃Lv.1」になり、「連打」「固め打ち」はLv.2。

 残りのスキルはヤクルト山田と一緒。

「好球必打」の差は大きいが、もとのステータスが高いので十分すぎるほど強い。

 二塁手「ヤクルト 山田哲人」DH「侍ジャパン 山田哲人」代打「銀 山田哲人」という恐ろしい山田デッキも作れそうだが、少々おもしろみに欠ける。

 序盤で育成する選手に悩んでいれば、侍ジャパンの山田を育成しておくと、後々の名球会戦やメタルズ戦、ライバルーズ戦に役立つだろう。

スポンサーリンク