ファミスタクライマックス攻略ブログ

ファミスタクライマックスの攻略・パスワード・選手能力データ等を公開していきます。

【ファミスタクライマックス】 虹 金 秋山翔吾 選手データ 最終能力 埼玉西武ライオンズ

金カード 秋山翔吾 初期能力

 

f:id:shilling635:20170526142754j:plain

 

虹カード 秋山翔吾 最終能力

 

f:id:shilling635:20170526142812j:plain

 

【枚数ボーナス】

 2枚目:経験値アップ

 3枚目:バント+10

 5枚目:パワー+10

スポンサーリンク
 

 

【習得スキル】

連打 Lv.3

 直前の打者がヒットを打っている場合に発動

 ミート ↑大

集中打撃 Lv.3

 打席ごとに中程度の確率で発動

 ミート・パワー・バント・走力 ↑大

遠投 Lv.3

 守備位置が外野ポジションの場合に発動

 肩 ↑大

サヨナラ Lv.3

 最終回以降の裏の攻撃時に本塁打で逆転が可能な場合に発動

 ミート・パワー ↑大

猛打 Lv.3

 一つ前の打席でヒットを打っている場合に発動

 ミート・パワー ↑特大

名手

 ダイビングキャッチ(スーパーファインプレイ)操作時に発動

 エラー上昇率 ↓特大

 

考察

 2015年に、後輩の森友哉の打撃フォームを参考にした打法がハマり、NPB記録216安打を作り上げた、あのイチローや青木宣親を超えた唯一の現役選手。

 苦労人であり、非常に真面目であるので、そのポテンシャルはもちろんのこと、野球にかける意気込みは人一倍強い。

 近年では、日本代表として日の丸をことも多く、2017年のWBCでは、足の指を骨折したことを隠しながらも、主に9番として活躍し、打率.300を残すなど、攻守ともにその確実性が世界に評価された。

 秋山に関しては納得の能力査定で、「らしい」数値になっている。

 ミートS+、走力S、肩S、守備Sは彼のヒットメーカーとしてのセンス、守備のスペシャリストとしての評価がみてとれる。

 スキルも打撃面では「連打」「集中打撃」「猛打」と、安打製造機として活躍できるほどのものを多数習得し、守備面でも「遠投」「名手」など高い能力にさらに確実性を加えられるのが嬉しい。

 西武では1番打者としての起用が多いが、「連打」もあるので2番や9番などつなぎの位置においてやるとスキルが発動しやすい。

 ちなみに侍ジャパンの秋山は、

・ミートS(82)

・パワーA(60)

・走力A+(77)

・バントA+(72)

・肩S(82)

・守備S(88)

 と、最大で17もステータスが低い。(パワー比較)

 スキル面もそれぞれのスキルの下位互換のものしか覚えないので、枚数ボーナスを考慮しても、西武の秋山翔吾の方が圧倒的に強いので、こちらを育成していくことをおすすめする。

スポンサーリンク