ファミスタクライマックス攻略ブログ

ファミスタクライマックスの攻略・パスワード・選手能力データ等を公開していきます。

【ファミスタクライマックス】虹カードにするための最速レベルアップの方法

虹化するためには金カードをレベル11まで上げます

f:id:shilling635:20170515101951j:plain

 基本的なことですが、虹カードを作るためには、

「金カードをレベル11まで上げる」

 ことで達成できます。

 虹化することで、ステータスアップ、スキル枠の解放などが起こり、メリットが多くなります。

 ちなみにレベル15でMAXで、最終スキルを覚えます。

 しかし、金カードはレベルが上がりにくく、レベル11まで上げるのは結構大変です。

 

金カード・同名選手を2枚集める

f:id:shilling635:20170503122147j:plain

 金カード・同名選手(例えば、ソフトバンクの柳田悠岐の金カード2枚)を集めると、「経験値アップ」というボーナスがつきます。

 上記画像の右側の「カード×◯」と書いてある欄で、自分がその選手のカードを何枚持っているか確認できます。

 2枚集めることで、経験値が多くもらえるようになるので、ショップで同名選手の金カードを見つけたら、購入するようにすれば育成が捗ります。

 ちなみに3枚、5枚と増やしていくと、ステータスアップのボーナスがあります。

 選手によっては「全能力+5」という強力なボーナスがつく選手もいるので、選手が被ってしまってもデメリットはありません。

スポンサーリンク
 

ドリームペナントは「レジェンド」「弱い」「9回」設定で

 あとはドリームペナントを周回していくことになります。

 ペナントが始まる前の初期設定で、

f:id:shilling635:20170515103128j:plain

・COMデッキ:レジェンド

・COMの強さ:弱い

・イニング:9回

 で回すと効率が良いでしょう。

 特にイニング数は大切で、9回設定でコールドを繰り返していくと獲得経験値やプレイヤーレベルも上がりやすくなるのでおすすめです。

 強さは「弱い」でなくても良いですが、レベリングを重視するなら、かわいそうですが、弱い相手をボコボコにした方が早いです。

 

FPは貯めておいて、トレーニングマスで使う

 今回からは「強化キャンプ」が実装され、思い通りのマスに止まることも容易になってきました。

 効率の良いレベリングのためには、「トレーニングマス」を有効活用しましょう。

 強化キャンプでは「トレーニング」重視のコースを選択し、トレーニングマスを積極的に狙います(EXPマスではなく、トレーニングマスです)

 トレーニングマスでは、最大5名の投手・野手をトレーニングできます。

 投手か野手かはそのマスに止まってみないとわかりません。

 光っているトレーニングマスに止まると、最大で1人あたり3000FP、5名で15000FPも消費してしまうので、レベリング中はファミダスやクエストを控え、FPはトレーニングにあてましょう。

 デッキに「◯ターン消費し、今止まっているマスの効果を取得する」というスキルを持つ選手(侍ジャパン選手、ライバルーズのギャルボスなど)を入れておくと、トレーニングマスをもう一度踏めるので、再度トレーニングを受けられます。

 ただ、これをやると、もちろんFPをがっぽり持っていかれるので注意が必要です。

 稀にミニゲームが発生し、1名のみ経験値が得られる場合もあります。

 トレーニングマスは苦労もなく、獲得経験値も多いので積極的に狙っていきたいところです。

 

虹カードは魅力的だけど、必ずしも強いわけではない

 選手を比較してみると、虹カードの選手よりも、銀カードプリズム化選手の方が使い勝手が良かったりすることもあります(走力が高い、守備力が高い、スキルが使いやすいなど)。

 青、緑カードは育成も早いし、山田哲人などは打撃ステータスオールSになったりするので、じっくりやりこむ人以外は、銀カードでも十分強いです。

 ファミスタクライマックスは、やり込み要素が強い分、レベルがなかなか上がらないので、そこで飽きちゃう人も多いかと思いますが、上述したようなコツを踏まえて、レベル上げを頑張ってみてください。

 虹カードがプリズム化(レベル15)すると、かなりの達成感ありますよ!

スポンサーリンク